大人なりきり掲示板

【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】
日時: 2020/07/30 15:05
名前: 憑 ◆R1q13vozjY (ID: gznRsWt8)

――こは風の噂話


“ いづらなる赤色せる大いなる鳥居をかづきしそのとき、別の海内にぐしていかるるなり。 ”

一、夜の帳の落ちしほど 鳥居の真ん中を潜るべし
一、鳥居の向かふは人ならばざる海内故 目蓋を下ろすべし
一、金の音鳴り響かば 提灯赤く闇を裂かむ
一、人ならばざる者は汝を歓迎する やをら目蓋を上ぐべし

その海内はこれまでになきほど、麗しなる

――――――

※リメイク版なので昔とは内容が異なる部分も有ります。
※他サイトで也していたものの引用多々、同一人物ですので悪しからず。

◇まとめ(>>1-7
◆スレの説明/注意事項諸々(>>1
◆世界観/ルート紹介(>>2)【6/26 修正】
◆キャラクター/男/人外(>>3
◆キャラクター/男/人間(>>4
◆キャラクター/女/人外(>>5
◆キャラクター/女/人間(>>6
◆参加用紙(>>7
◇親記事(>>0)【6/26 一部加筆修正】

◎参加者様一覧
・睦花 様【>>8】 最終返信【睦花 様>>12/スレ主>>13
・キイチ 様【>>14
・理仁 様【>>16

――――――

>ルート、キャラによってメリバ、グロ、死ネタ等の描写含む
>和風・古風テーマ
>NLBLGL/R18可
>人外×人間(逆も然り)もしくは狭間の国の者×外来者(逆も然り)のみ
>指名制/マルチエンディング制

 ルート、エンド、等と銘打ってはいますがガチガチにストーリーや世界観は定めていません。説明した程度の世界観を崩さなければ、也の終わり方やルートの展開などは基本的に自由です。

――――――

■2020/06/08 設立

Page:1 2 3



Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.14 )
日時: 2020/06/29 11:07
名前: キイチ (ID: OZDnPV/M)

「私?むふっふー、雪女ですうよー....人間さんですよねえ?」

《狭間の国の者用》

名前:壬冬(みふゆ)
年齢:20
性別:女
種族:雪女
性格:我が道を行くマイペース。のんびりしていてゆるくまったりしている見た目に反して余生を過ごすお婆ちゃん的な穏やかな気質。しかし、自分が1度決めたことは何がなんでも譲らない頑固な面もあり、普段は敵意も悪意も殺意すらなく怒らない方だが、1度彼女を怒らせたら氷漬けは勿論(妖に対してなら一日で融けたり火の妖なら、半日。強い妖なら融けるのは早いが10分は氷漬けに出来る、雪女より弱い妖なら三日で融ける)。酷いときには彼女の周囲が猛吹雪なるという。
誰にでも(火を主に扱う妖以外なら)基本フレンドリー、感情豊かで冗談を云うのもお好き。
容姿:艶やかで真っ直ぐな黒だが毛先だけ藍色肩より下まである髪(セミロング)。二重の青紫の猫っぽい瞳。身長157cm。色白で餅肌。AよりはあるがBはギリない感じの胸で普通よりは痩せている体型で服装は基本雪の結晶の柄が所々ある薄水色の着物に赤い帯をしているのが多いが、浴衣や他の柄の着物を着ることもある。 
備考:趣味 惰眠を貪ること、他の妖や人間と添い寝、ごろごろしたりまったりすること。一人称「私」人間のことを「人間さん」と云うように、知らない妖は種族にさん付けする場合がある。
可愛い妖で女なら「名前でちゃん付け」可愛い男「名前でくん付け」だが、基本さん付け、親しければ呼び捨てになる。
好きなもの 雪、ぬいぐるみ。今は一人称私だが、昔は妾(わらわ)で今の性格とは違い好戦的で人間や他の妖に冷酷だったらしく口調はきつめ古風なしゃべり方だったが今はゆるい感じの口調でふわふわしている。主に怒った時に昔の口調に戻る。
山奥でひっそりとしている家で暮らしているが賑やかなのも好きなようで頻繁にそういう場所に行く。
妖術は氷、雪で他は不得意、氷や雪で身代わりのような妖術も出来る。また、妖術の火には弱く、大きい火だと融けて亡くなってしまう雪女が多く、火の妖術を主に扱っている妖を恐れている。妖術の火以外の火は妖術のよりは大丈夫らしく光は主に妖術じゃない火を明かりにしている。

指名/年齢:此城 晴海/18
希望ルート:4(出来たら恋愛方向希望ですが、成り行きに任せて4に行ければなと思っています。)
希望:
地雷:スカ、ロト、四肢切断、半永久に続くシリアス。

開始文:
その他:種族の通り雪や氷を扱う妖で見た目年齢は20才だが、文久辺りから居る。彼女曰く自分だけ人間界に行き来はあちらの世界が冬で雪が降っていなきゃ行き来は出来ないが可能(狭間の国には何時でも帰れる)。しかし、自分のみに限るためと人間が狭間の国で会う前に他の妖達に殺されてる所しか見ていない為か人間を帰した経験も帰すのが可能かどうかも試せていない。
人間に対して慣れているも狭間の国では、見つけたり自分の家に来たら助けたり匿ったりするが私以外の妖達に殺される運命だろうと諦めがあり、自分と過ごす間だけは一時の憩いになれば。と思っている。


お久し振りです、トリ付けてないですがキイチです!
なり主に指名制では名前を間違えてしまい不快な思いをさせてしまい申し訳ありません!

憑さんの指名制にとても惹かれてしまって参加したいのですが、参加しても宜しいでしょうか?

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.15 )
日時: 2020/06/29 21:56
名前: 憑 ◆R1q13vozjY (ID: gznRsWt8)

>>14/キイチ 様

お久し振りです! しばらく見かけませんでしたが、お元気なようで何よりです!
名前の件についてはお気になさらず! 僕自身もお相手さんのキャラの名前を間違えてしまったこともありますし、名前を間違えたときのその、罪悪感みたいな気持ちもよく分かります。ので、僕自身も強くは言えませんし(言う気も無いですが)、何よりキイチさんが本当にそう思って下さっている、ということは十二分に伝わっております。むしろ、こちらが長い間強く気に病ませてしまって申し訳ない限りです......!! あとその、ここまで丁寧な人は初めてなので、逆に申し訳ないというか、ありがとう(?)というか、そのキイチさんの丁寧なお心遣いが流石だなぁと感じました。

勿論参加大丈夫です! 参加用紙に不備等ございませんでしたので、早速始めさせて頂きますね!
開始文ということもありロルが少々長くなってしまっていますが、次回からはキイチさんの長さに合わせますので、キイチさんのやりやすいように調整していただければと思います......!




「なっ、なんだよ......これ......さっきまで夜じゃなかった、」

目を開けた顔が思わずひきつる。それもそうだ。目を閉じるまで、さっきまで居た場所とは違いすぎる。晴海はそう思いながら辺りを見回す。藍色に塗り潰された空に明らかに時代外れな景色、いつの間にかあるランタン、人じゃないように見える人らしき者たち。晴海を困惑させるには十分であった。
ふっ、と晴海はここに至るまでの経緯を思い返す。少なくとも、おれは友人たちと一緒に帰り道を辿っていた筈だ。いつものように最近のゲームだの好きな芸能人だの、下らない話で盛り上がっていた。しかしその日常を切り崩すように、一人の友人が不意にあっと声を上げたのである。友人の視線の先には、規則正しく道を作っているかのように小さな鳥居が並んでいた。そうだ。それで、悪ふざけが過ぎていつの間にかこんな所に来てしまったんだ。そこまで回想を進めた晴海は、思わず溜め息を溢す。結論から言えば、好奇心から晴海たちは鳥居がある方向へ向かい、そして晴海だけが鳥居を抜けた。あの鳥居の道の先には一際大きな鳥居が建っていた。その鳥居は異様な雰囲気であった。人並みより怖がりであった晴海は、その雰囲気に圧されその場を走り去ろうとした、しかし友人たちにそれがばれてしまい、結果としてこの鳥居を潜ってみろよと煽られ囃し立てられ、勢いでその鳥居を潜ってしまったのだ。

「くっそー......あんなこと言わなきゃ......」

へなへなとその場に座り込み、遠目に大通りの賑わいを眺めながら、後悔を噛み潰すように呟く。さっきまで一緒に居た筈の友人たちが一向に姿を見せないことが晴海の心を不安にしていく。ここに友人たちも来ることを期待している。ああでも、急におれが消えて、あいつらは恐れて逃げ帰ってるんだろう。いやいや、もしかしたら警察とか親に通報してくれてるのかもしれない。そんなことをぼんやりと考えつつ、「つーかなんだよ此処......このランタンも持ってなかった筈だし......」と不安を追い払うようにぶつぶつと言いながら、ぎゅっとランタンの持ち手を握って


>>all
次回からはハンネが「憑」から「憑き」になります。ご理解宜しくお願い致します。

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.16 )
日時: 2020/07/05 10:38
名前: 理仁 ◆A0Ecr.fOCM (ID: 9ihy0/Vy)

《外来者用》

名前:夏凪 深月/なつなぎ みつき
年齢:20歳
性別:女
種族:人間

性格:いつも明るくて人懐っこいが、思っていることが顔に出やすく、分かる人にはすぐに考えていることがバレる。真面目で優しく、若干抜けているような雰囲気はあるが、よく周りを見ていて気が利く。
容姿:ややクセのあるセミロングのショコラブラウンの髪にタレ目の紅色の瞳。右目の下に黒子が一つある。身長は149cmと小柄。着痩せするタイプで、胸はそれなりに大きい。黒いTシャツにドット柄の白いロングスカートを着ている。
備考:文系の大学に通う学生。親元を離れてアルバイトをしながら一人暮らしをしている。好きなものは甘い物、可愛いもの。嫌いなものは虫、怖いもの。

手燭:透かし彫りが入った黒の四角いランタン。中には太い蝋燭が入っており、青いガラス越しに火が揺らめいているのが見える。

指名/年齢:ギル
希望ルート:4(できれば恋愛希望ですが、成り行きに任せて4に行けたらいいなと思ってます。)
希望:
地雷:過度なグロ、スカトロ

開始文:指定の開始設定でお願いします。

その他:


こんばんは! この名前では初めまして!
素敵なスレに惹かれて来ました。参加希望です!
キャラシに不備等ございましたら遠慮なく言ってくださいませ……

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.17 )
日時: 2020/07/05 15:54
名前: 憑き ◆R1q13vozjY (ID: gznRsWt8)

>>16/理仁 様

初めまして! そしてお久しぶりです!(
そう言って頂けると嬉しい限りです!

参加用紙の方確認致しました!
不備等見当たりませんでしたので早速始めたいなぁと思うのですが、理仁さんの方から始めて頂けると也が始めやすいと思うので、開始文はそちらの方にお任せしても良いでしょうか?

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.18 )
日時: 2020/07/09 01:01
名前: 理仁 ◆A0Ecr.fOCM (ID: clpFUwrj)

お久しぶりです!((
大丈夫ですよ! 読みづらいかもですが、こちらから始めさせていただきますね!
よろしくお願いします!


「はぁ……は……」
見知らぬ夜の暗い道を必死に駆け抜ける。
咄嗟に近くの物陰へと隠れた深月の近くには、漫画や小説に出てくるような奇怪な姿をした者達が彼女を探していた。
大学の帰り道、たまたま見つけた鳥居を興味本位で潜った先は、昔のように着物を着た者達が行き交う屋台が並んだ大きな通り。たった今潜ったはずの鳥居が見つけられなくて訳も分からずに近くの者に声をかけてしまったのがいけなかったのだろう。彼女が人間だと蜂の巣をつついたような騒ぎになり、こちらの身の危険を感じて逃げ出したのだ。
運良く一度撒くことができたが、こんなところではすぐに見つかってしまう。混乱したままの頭でなんとかそう判断した深月は、どこかに隠れてやり過ごそうと、目に付いた近くの人気のない廃れた屋敷へと逃げ込んだ。

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.19 )
日時: 2020/07/22 17:32
名前: 憑き ◆R1q13vozjY (ID: gznRsWt8)

>>18/理仁 様

開始文ありがとうございます!
こちらこそ宜しくお願いします!



少しずつ近付いてくる喧騒に、ギルはハッと目を覚ました。気が付けば寝ていたらしい、現に鏡で自身の姿を確認すると所々髪の毛が跳ねていた。その内寝癖ぐらい落ち着くだろうと気だるげそうに思うもののやはりそれなりには気になるのか、跳ねている箇所を軽く押さえれば身嗜みを軽く整え始める。そうしながらも、物々しささえ感じさせるような外の騒がしさに何か大きな事件でもあったのだろうかと多少は気にはしている様子であり。
自身が身を隠している処――すなわちこの屋敷が仮に見つかったところで、どうせ喧騒の主であろう者達は大して気に掛けないだろう。とはいえ万が一の事態もあるだろうし、一応の戸締まりぐらいはしておくべきか。等と外の嫌な騒がしさに色々思案しつつ最終的にとりあえずは戸締まりしておこうと結論付ければ、屋敷の見た目の荒廃ぶりに漏れず暗い廊下を、外来者の証とも言える手燭を灯りにして玄関に向かって歩き始め

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.20 )
日時: 2020/07/25 13:58
名前: 理仁 ◆A0Ecr.fOCM (ID: pk2OclHY)

>>19

「はぁ……」
ギリギリ通れる程度の隙間に身を滑り込ませて、なるべく音を立てないように戸を閉めると、そっと息を吐く。
あまり近くはないが、まだ屋敷の周辺で深月を探す者達の声が聞こえる。しばらく屋敷のどこかに身を潜めて彼らがいなくなるのを待とう、そう思って廊下を歩くが、こちらに近付いてくる足音に気付いてランタンを持つ手に力が入る。人なんて住んでなさそうだったのに誰かいたのか。こちらの命を狙ってくるのなら、また外に逃げた方がいいかなと考えながら警戒する。

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.21 )
日時: 2020/07/26 02:40
名前: 憑き ◆R1q13vozjY (ID: gznRsWt8)

>>20/理仁 様

「――おい、そこに居るのは誰だ」

廊下の角を曲がった先、ギルが見据える廊下の先にはランタンを持つ少女が居た。この国の奴らはランタンなぞ基本的に持たない。つまり順序的に考えれば彼女は自分と同じ立場、要は外来者ということになろう。しかし今日に限っては、外の喧騒と強い警戒心が相まってか『彼女は自分と同じ外来者と偽っているが、実はこの国の刺客か何かなのでは無いか』と疑心的に考えずには居られなかった。そんな警戒心の表れだろうか。手にしていた手燭を背後に隠せば廊下の先にいる彼女に向かって、威圧たっぷりにそう問い掛けて

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.22 )
日時: 2020/07/26 15:17
名前: 理仁 ◆A0Ecr.fOCM (ID: hZy3zJjJ)

>>21

「っ…………さっきこの世界に迷い込んだ者です。勝手に入ってごめんなさい。ここにきてからずっとここの人?達に追われてて……」
ランタンの僅かな灯りの先に現れた男は、先程追いかけてきた者達とはどうやら少し違うようだが、威圧的な雰囲気に思わず身がすくむ。まさか彼が自分と同じでこの国の者ではないと思いもしないため、この廃屋敷の住人かと勘違いしながらおずおずと屋敷に入ったこと詫びて問いに答える。
明確に人間だと答えなかったのは、殺されそうになったのは自分が人間だからだと思っており、自分が持つランタンが外からきた者の証で、これも原因になっていることが深月には分かっていなかったからである。
こちらを警戒しているけど、いきなり襲ってくることはなさそうだな、と相手の様子を窺いながら、これからどうしようかと考えて

Re: 【指名制】空蝉を篝火で灯して、【募集中】 ( No.23 )
日時: 2020/07/30 15:10
名前: 憑き ◆R1q13vozjY (ID: gznRsWt8)

>>22/理仁 様

「……その言葉に、嘘は無いだろうな?」

外の慌ただしい様子に、彼女の手にある青い灯。相手の手元にあるランタンが本当に『外来者の証』を示すものであれば、彼女の主張は筋が通っているし矛盾も見当たらない。それに随分と頼りなさげに見える相手の態度から察するに、この自分に睨みを利かせられても尚嘘を吐けるような奴だとは中々思えない。ほぼ確実に本当のことを言っているだろう。……だがもし、彼女が意図的にそういう風に振る舞っていたとしたら? そんな『もしも』が不意に頭を過れば、まだ油断は出来ないと思い一度緩めた警戒をまた引き締めて。念を押す様な目付きでちらりと相手の瞳を見れば、最終確認を取るような声色で問い掛けて

Page:1 2 3



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 4000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。